高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

マキちゃんの「正しい有酸素運動について」

発行日: 2019.05.10  雑学

みなさんこんにちは、ドラム講師の斎藤マキです。

これからの季節、夏にむけて体力づくりをされる方も多いんじゃないでしょうか?

そこで、今回は正しい有酸素運動についてお話しします。

まず、種類と特徴と選び方。

●ジョギング
歩くよりは速いというくらいの速さで走るのが理想で、会話ができるくらいのスピード。
心拍計があれば、心拍120回/分程度が目安。

●ウォーキング
誰でもどこでもできる有酸素運動の一番手。
強度を上げにくいのが難点だけど、いつもより10センチ大股で歩けばGood。

●スイミング
立派な有酸素運動であるが、運動強度が高くなりすぎて、
心拍数が上がりやすくなる事と、泳げないという人がいる事、
プールがある所でしかできないというのが難点。

●サイクリング
体重過多で、ジョギングやウォーキングでひざに負担がかかる人は、
サイクリングがおすすめ。

●エアロビクスダンス
直訳すると有酸素ダンスということ。
モチベーションをキープしやすいのが利点。
フラダンスなども有酸素運動の一つ。

以上のうちで、自分に最適な有酸素運動をみつけましょう。
そして、下記のポイントを意識してみよう!

(1)最低20分を継続しよう!
始めは糖質が使われるが、脂肪が燃えるようになるのは20分後あたり。

(2)有酸素運動の前に10分の筋トレを行う。
筋トレで体が温まると、肝臓のグリコーゲンが燃やされ、すぐに体脂肪燃焼モードになる。

(3)心拍計を使って、120前後をキープしよう。
150以上になると血液中の乳酸濃度が増え、無酸素運動になるので注意。

さぁ、自分に合った運動法で、
体脂肪を燃やして細マッチョになってみませんか?

次回は、痩せる食事について書きたいと思います。
お楽しみに~☆(^o^)/