高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

はらっちの「リズム練習」

発行日: 2019.04.10  ボイストレーニング 音楽

こんにちは!名駅校の原です。
今回のメルマガは、リズム練習です。

リズムは音楽の3要素のひとつです。
さっそくいってみましょう。

まず導入期の段階では、数えながら練習してみましょう。


1(「イチ」「ワン」)2(「ニー」「ツー」)3(「サン」「スリー」)4(「シー」「フォー」)
と数をかぞえながら、2と4のところで手を叩きます。

イチ ニー(パン) サン シー(パン)
ワン ツー(パン) スリー フォー(パン)


次は数字と数字の間に「ト」や「エン」を入れます。
手は先ほどと同じく2と4のところで叩きます。

イチ  ト  ニー(パン) ト サン ト シー(パン) ト
ワン エン ツー(パン) エン スリー エン フォー(パン) エン


今度は手を叩く場所をすべての「ト」や「エン」のところに変えてみます。

イチ ト(パン) ニー ト(パン) サン ト(パン) シー ト(パン)
ワン エン(パン) ツー エン(パン) スリー エン(パン) フォー エン(パン)


つづいて数字を4分割して、
「ツ ク ツ ク 」「タ カ ツ ク」「ツ ク ツ ク 」「タ カ ツ ク」にします。

手は2と4のところの「タ」で叩きます。
「ツ ク ツ ク 」「タ(パン) カ ツ ク」「ツ ク ツ ク 」「タ (パン)カ ツ ク」

最後は数字を3分割して
「123、223、323、423」とかぞえます。

手は2と4のところで叩きます。
「123、2(パン)23、323、4(パン)23」

正確にリズムが刻めるように、
メトロノーム練習も取り入れてみましょう。

みなさんもぜひ、トライしてみてくださいね!