高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

MAXさんの「音楽の記憶」

発行日: 2019.03.20  雑学 音楽

こんにちは。
金山校・ベースコースのmaxです。

年末からバタバタと忙しくて、ここに来てようやく落ち着いた感じです。

もうすぐ平成が終わりますね。

なんとなく、過去の事を思い返す機会が多くなっているような気がします。

といっても、30年前の事となると記憶の彼方、という感じで。

以前は「忘れたフリ」「忘れたつもり」だったものが、
本当に記憶にない、ということが増えてきています。

せめて音楽に関することだけでも記録に残しておきたいなと、
ここを使わせてもらいます。


音楽に関する最初の記憶は従兄弟の家。

クリスマスかなんかで従兄弟同士での合奏。

歳の離れた、今もピアノの先生をやってる従姉妹がいるのだけど、
彼女が仕切って、なかば無理くりな感じの合奏会。

当時僕らは3つか4つ。

従兄弟の全員に楽器が揃ってるわけではなかったから、
僕はシンバル担当だったけど鍋のフタ2つ。

音楽一家では全くなく、両親も楽器の素養はなくて。

年子の姉も、ピアノやエレクトーンをやっていたけど、
それはあくまで習い事、という感じで。

今考えると、姉じゃなくて僕がやっときゃ良かったと思うんだけど。

でも母は、僕がこっちの分野に興味や才能があるとは思わなかったらしい。


才能があったかどうかは別として、
実際のところは歌ったりするのはむしろ好きだったと思う。

学校の集会とかでの歌とかも結構楽しんで歌ってたし、
音楽の先生が無理やり始めたコーラス部も、結局最後まで残って県大会まで行ったし。
学年で男子1人になっちゃってたのに。

歌謡曲なんかも好きで、いつも歩きながら鼻歌を歌ってたような記憶がある。

あと覚えてるのは、
4年生の時の音楽会でアコーディオン担当になったのだけど、
僕なりにイケてるなと思って演奏してたとこに、意地の悪い担任の先生が来て、
「全然ダメ」と言われてとても悲しい気持ちになったこと。

好きじゃなかったら腹も立たないはずだから、
やっぱりあの頃から音楽をやりたかったのかな、と。

今回はこの辺りで。