高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

はらっちの「装飾音について」

発行日: 2019.03.10  ボイストレーニング 音楽

みなさん、こんにちは。
名駅校のボーカル講師の原です。

桜の開花が待ち遠しい時期になってきましたね♪

今回のメルマガは、音を豊かに華やかに飾る、
「プラルトリラー」と「モルデント」という装飾音をご紹介します。

プラルトリラーは、
元の音符と2度上の音とを(素早く)1回反復(くり返し)させて歌います。

一方、モルデントは、
元の音と2度下の音とを(素早く)1回反復(くり返し)させて歌います。

音を上に回すのがプラルトリラーで、下に回すのがモルデント。

プラルトリラーは「上方回音」、
モルデントは「下方回音」と覚えると、
イメージしやすいと思います。

例として、
日本古謡の「さくら さくら」の冒頭のメロディー
「さ(ラ)く (ラ)ら(シ)」の「く(ラ)」の部分でそれぞれを試してみると、

プラルトリラー「さ(ラ)く (ラ)う(シ)う(ラ)ら(シ)」、
モルデント「さ(ラ)く (ラ)う(ソ)う(ラ)ら(シ)」となります。

2つを聞き比べてみると、聴こえる印象が違うと思います。

練習する時は、ゆっくりと丁寧にピアノを使って音を取り、
音と言葉の組み合わせを確かめながら声を出し、
身体で感じながら練習してみてください。

きっと出来るようになりますよ♪