高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

モッキーの「気持ちを乗せて、聴く人の心に届けよう(2)」

発行日: 2019.02.28  ボイストレーニング 雑学 音楽

こんにちはーーーっ!!
((*´▽`o)o゛―♪

アイズ金山校のボイストレーナー、
モッキーこと佐藤元紀です\(^o^)/

今回のメルマガは!

あなたの歌が人の心に届くような、
歌への気持ちの乗せ方について、

モッキー自身が実際にやってきたことや、
練習方法をお伝えしていきまーーーす!!

実は遠い昔。。
モッキーがストリートライブを始めた頃のことですが。。

たまたま知り合いの方が見に来てくれて、
僕の歌を聴いて、一言。。

「歌が全然伝わってこない!」

と言われたことがあります。

いやぁ、お恥ずかしい。。。

けど、今思うと、その言葉がきっかけで

「どんな風に歌ったら人の心に届くようになるかなぁ。。」

と考えるようになった気がします。

その後、あらゆる歌い手さんから歌い方を学んだりする中で、

特に、歌への気持ちの乗せ方に
「耳を傾けて聴く」ようになりました!

それでは!モッキーにもできた!
歌への気持ちの乗せ方、
誰にでもできるやり方を紹介したいと思います!

たとえば、「ありがとう」って言葉が歌詞にあったら、

そこに、今までに味わった感謝の気持ち、
ありがたい気持ちを感じながら、
人にありがとうの気持ちを伝えるつもりで歌ってみる。

また、「やさしい」って言葉が歌詞にあったら、

やさしいを「優しく」言ってみる。
やさしさを感じるようなやわらかいトーンで歌ってみる。

そんな風にして、
言葉の持つ意味や温度を感じながら、

言葉として「伝える」ことを、
意識して歌っていくようにしてみましょう!

なのでまずは、上記に挙げたような、
自分の気持ちが乗せやすく、わかりやすく表現できそうな言葉から、
ぜひ試してみてくださいね!

今回紹介したものはあくまでもほんの一例ですが、

歌への気持ちの乗せ方は様々な歌い手さんから学ぶことができるので、
耳を傾けてよく聴いてみてくださいねー!

読んでくださって
ありがとうございましたーー!!