高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

モッキーの「気持ちを乗せて、聴く人の心に届けよう(1)」

発行日: 2019.01.31  ボイストレーニング 音楽

「どうしたら人の心に届くような表現力がつくか、教えてください」
(20代女性 名古屋在住)

こんにちはーーーっ!!
((*´▽`o)o゛―♪

アイズ金山校のボイストレーナー、
モッキーこと佐藤元紀です\(^o^)/

皆さんは、
人の歌を聴いて心を打たれることってありますか?

また、人の歌を聴いて涙することってありますか?

うわぁ、なんか心が持っていかれたーー!
とか、

この人の歌、なんかグッとくるなぁーー!
とか。

実はそれって、
歌を上手にできるステキな要素だと僕は思っていて、

人の歌で感動できるということは、
自らが歌うときにもきっと表現できるはず!

と、僕は考えています。

それは、歌だけでなく話し方もそう!

感動するスピーチだったり、
ストーリーを思い描けるような朗読なども。

なぜか心が動かされる。

それはきっと、
歌う人や話す人が「気持ちや感情を乗せている」から。

楽しい気持ち
嬉しい気持ち
悲しい気持ち
感謝の気持ち

誰かに伝えたい気持ち

大事なのは、こういった気持ちを「自分が味わいながら」
歌を歌うということ、話をするということです。

そうやって気持ちや感情を乗せていくことができたら、
聴いている人たちに伝わるような、
歌い方や話し方ができていくと思いますよーー!

次回のメルマガでは、

気持ちを乗せていくために僕自身が実際にやっていることや、
具体的な練習方法をお伝えできればと思います。

読んでくださってありがとうございましたーー!!
では、また次回ーー!