高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

マキちゃんの「心理学について」

発行日: 2018.11.20  心理 雑学

みなさんこんにちは、ドラム講師の斎藤マキです。

今回は、心理学についてお話します。

スイスの心理学者
カール・グスタフ・ユングという人物がいます。

幼少時代から複雑な成育環境にあったユングは、
自分という存在について考えるうちに、人間が生きてくうえで
「人格」が非常に大きな役目を担っているのではないかと気づき、

そしてそれにはタイプの違いがあると考え、学問的研究を続けた結果、
「性格はいくつかのタイプに分類することができる」という結論に至りました。


ユングは人の性格(人格)を「習慣となって形成された心の動き」と説明しています。

つまり、その人が「ついしてしまいがちな考え方のクセ」のようなものだということです。

人の性格の形成には、生まれ持った素因もありますが、
どんな環境の中で育ったかという環境因子と、
物事をどう捉えるクセがついているかが、大きな要因となっているのです。

では、ユングは人格をどのように分類しているのでしょうか。

まず、分かり易く、内向と外向の二つです。

外向=明るい
内向=暗い

ではなく、
自分の興味や関心がどこに向いているかの違いです。

外向=社会や他者に関心が強い、周囲の影響を受けやすい、人との交流が好き

内向=つねに自分なりの価値観で判断、主観的、自己中心的、人見知り


そして次に、心の4つの機能に分かれます。

・思考(論理的、客観的、分析、理屈)
・感情(感情的、親和的)
・感覚(五感、観察眼、こだわり)
・直観(自由奔放、ひらめき、アイデア)

簡単に書くとこんな感じです。

心の4つの機能を外向と内向の2分割にすると、8タイプに分けることができます。

では次回は、この8タイプについてさらに詳しく書いていきたいと思いますので、
お楽しみに~☆

参考文献『ユング心理学でわかる 8つの性格』