高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

じゅみちゃんの「楽しく、豊かに、上手に歌うために大切なこと」

発行日: 2018.11.30  ボイストレーニング 音楽

こんにちは♪ 
名駅校のじゅみです^^

寒くなりましたね^^
寒いときは是非歌を歌って体をあたためましょう♪

さて、今回は楽しく、豊かに、上手に歌うための大切なことを伝えていきたいと思います。

表現豊かにメリハリをつけて歌えば、
歌う側も、聴く側も楽しめるでしょう^^

まずはじめに、歌う曲の内容をしっかり把握しましょう。

曲の内容が楽しい曲なのか、悲しい曲なのか、切ない曲なのか、
ハッピーな曲なのかを歌詞の内容からしっかりと把握し、
その内容に合った声や表情でまずは歌詞を読んでみましょう。

次に、曲の山になる場所を把握しましょう。

一番盛り上げて表現したい場所をみつけて、
そこに向けて曲が盛り上がるように強弱をつけて歌うと、
より説得力のある歌い方になるでしょう。

3つ目は息つぎ(ブレスポイント)する場所を決めましょう。

言葉の内容が区切れる所で息を吸う位置を決める事は大事です。
歌うたびに同じ位置で息つぎすることで、呼吸がより安定し歌が歌いやすくなります。

最後に大切なことは、「歌詞を伝える事」です。

言葉を一語一句大切に歌い、
言葉のニュアンスを少しオーバーにつけて歌うとよいでしょう。

しかし口を大きく開け過ぎると、逆に力が入りすぎてしまうので注意してください。

是非実践してみてくださいね^^♪