高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

モッキーの「歌をよく聴こう!!(アウトプット編)」

発行日: 2018.10.22  ボイストレーニング 音楽

「つい、何も考えずに一緒に歌っちゃってましたー」
(Mさん、名古屋在住女性)


こんにちはーーーっ!!
((*´▽`o)o゛―♪

アイズ金山校のボイストレーナー、
モッキーこと佐藤元紀です\(^o^)/

前回のインプット編では、

自分が伸ばしたいポイントを、耳でしっかり捉えられるように、
まずは歌を「よく」聴いて聴き取るようにしよう!

と、お伝えさせてもらいました。

今回は、アウトプット編です。

歌をよく聴いて、掴んだポイントを、
自分が歌うときに使えるようにしていくための練習の仕方をお伝えします。

ここで、
僕がおススメしない方法をお伝えします。

それは。。

流れてきた歌に合わせて、ただ何も考えずに、
一緒に歌っちゃったり、口ずさんじゃったりすることです!

いわゆる「歌い流し」ってやつです。

え?
一緒に歌ったらいかんの??

もちろん、いいですよw
一緒に歌いたくなる気持ちはわかりますもん。

ただ、これはあくまで、
歌の上達を目的としたときに、

やらないほうがいい!!
ということです。

なぜかというと、

何も考えずに一緒に歌っちゃうと、

歌い手さんの歌声や歌い方に耳が向かず、
自分の歌声や歌い方が耳に残ってしまうからです。

意外にもこれやっちゃってる人多いんです。。

じゃあ、どうしたらいいの??

歌をよく聴いて、伸ばしたいポイントを耳で捉えたら、

今度は、歌い手さんの歌い方に「耳を傾けながら」、
捉えたポイントのところで、声を「合わせて」みるんです。

例えば、「ボリュームを抑える」
ということを歌い手さんがやっていたら、

歌い手さんのやり方に耳を傾けながら、
一緒にボリュームを抑えてみる、ということです。

<まとめ>

(1)自分の伸ばしたいポイントをよく聴いて、耳でしっかり聴き取るようにする。

(2)歌い手さんの歌い方に耳を傾けながら、声を合わせてみる。

これを繰り返しながら、
伸ばしたいポイントができるようになったり、
定着するようになってくれたら、嬉しいです。

そのために、
歌をよーく聴くようにしてみてくださいねーー!!