高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

MAXさんの「楽器の選び方」

発行日: 2018.10.10  雑学 音楽

こんばんは。
金山校・ベースコースのmaxです。

たまには楽器の講師らしいことを書きましょうか。

レッスンを受けて、上達が進んでいく中で、
どうしても「新しい楽器が欲しい!」ということになってきます。

そもそも楽器を始める際に、
ある程度のグレードの楽器を買っておけば、
そういう事にはならないのかもしれませんが。

やはり中学生や高校生の財力では難しかったり、

大人であっても、
まだ本当に続けられるかどうかもわからない
趣味の世界のものにどれだけお金をかけられるのか、
踏ん切りが付かなかったりして、結局そこそこの安物を選ぶ、

というのがほとんどだと思います。

僕も最初の楽器はそんな感じで安物でした。

ギターやベースの「一生使える楽器」について、
具体的な価格を挙げるとすると、

新品の売価にして「20万円から25万円」というのが、
一般にボーダーラインとなるのではないかと思います。

ちなみに僕が楽器を始めた30年前は、
もう少し安くて、12~18万くらいだったかな。

とにかくそのくらいの価格帯のものを買っておけば、
音も良く、どこに持っていっても恥ずかしくないよね、
ということになっています。

ただこれは、いわば結婚相手を選ぶにあたっての、
「高身長、高収入、高学歴」的な話で。

楽器としての基本的な欠陥さえなければ、
結局は弾き手との相性の問題、
ということになります。

楽器の値段というのは、
木材など材料の値段などよりも、

「どのくらいの熟練度の職人さんが、
どのくらい時間をかけて、材料を選び、製作し、検査したか」

ということで大勢が決まります。

安い楽器は高い楽器と比べて、
人材と手間をかけてもらえなかった、
ということは間違いありません。

しかしそういった楽器であっても、
そもそもの設計や素材自体は良いものだったりするのです。

そういう隠れたポテンシャルを持つ楽器を探し出して、
少し手を入れてやると大化けすることがあります。

軽自動車でポルシェをぶっちぎってやった、
そんな感じ。

安物であっても手放し難い、
大切な一本になったりするわけです。

ただそういう事も、何本も楽器を買って、
得をしたり損をしたり様々なことを経験して、
目が利くようになるわけですが。

ということで、
楽器をこれから買いに行くという生徒さんがいれば
僕は出来るだけ付き添うようにしています。

僕の経験が役に立てばうれしいですし、
僕自身もまた、目利きの勉強になりますしね。

ではでは。