高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

はらっちの「滑舌練習法!」

発行日: 2018.07.20  ボイストレーニング 音楽

みなさん、こんにちは!
毎日暑い日が続いていますが、体調はいかがですか?

熱中症や夏バテ対策などをしっかり行って、暑い夏を乗り切りましょう!

さて、今回のメルマガは、
滑舌の練習をするときにどう練習したらいいかについて、
2つの例を挙げてお伝えしたいと思います。


1つ目は「竹 立てかけた(たけ たてかけた)」

これを3回ほど繰り返し言ってみましょう。

いかがでしたか。うまく言えましたか?

これは、「たけ」が「たて」になりやすいです。
3文字目に「た」があるため、「け」が「て」になりやすいです。

これがうまく言えるようになるためのポイントは、舌の使い分けです。

「た」は、舌の先を上の歯ぐきにつけてから声を出します。
「け」は、舌の後ろの部分を上あごの奥につけてから声を出します。

「た」に続けて「け」と発音するとき、舌の先を上の歯ぐきにつけないよう、
(舌の後ろの部分を意識して)上あごの奥につけてから声を出します。

舌の先を使うのか、舌の後ろの部分を使うのかを、
しっかり確認してから声を出してみましょう。


2つ目は「お謝り(おあやまり)」

これも3回ほど繰り返して言ってみましょう。

いかがでしたか。うまく言えましたか?

これは「おあやまり」が「おやあまり」になりやすいです。
「あやまり」の前に「お」がつくことで、言いづらくなります。

これがうまく言えるようになるためのポイントは、舌を下げることです。

「お」に続けて「あ」を言うとき、「お」のときよりも舌を下げて声を出します。
「お」と言った後に、舌を上げるのか下げるのかを確認してから声を出してみましょう。

練習していくうちにだんだんとコツがつかめてくると思います♪

是非がんばって練習してみてください!
ありがとうございました!