高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

じゅみちゃんの「お家でできるトレーニング」

発行日: 2018.05.20  ボイストレーニング 音楽


みなさん、こんにちは!
名駅校の朝倉ジュミです^^

よく生徒さんが悩んでいることが、
家で練習できないとか、大きな声が出せないということです。

家でどうやって練習すればいいですか?と質問されることが多いです。

歌がうまくなるためには、日々の練習は大切ですね。

そんな方におすすめの練習方法はストローを使うことです。

ストローを口にくわえて普段の話し声と同じくらいの大きさで‘‘ウ~‘‘と声を出す練習をしましょう。
呼吸が安定し、発声や息をコントロールすることができます。

その状態で、今練習している曲を1曲全て歌いきることもとても良い練習になるでしょう。

その練習が終わったら、次はストローを横にして上の歯と下の歯の間に‘‘イ‘‘の口で挟んでみましょう。
口角が上がり、表情筋を使うので高音を出すための練習になるでしょう。

その際、ストローに強く歯形が残るとか、ストローが変形してしまう方は要注意です。
力が入った状態で歌っているかもしれませんね。

体全体をリラックスして、優しくかむように意識しましょうね^^
大きな声を出さなくても、ストローを使って練習することで、基礎トレーニングができるので正しい声が出せるようになるでしょう^^

是非やってみてください♪