高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

ゴトーの「カラオケのキーについて」

発行日: 2018.02.28  音楽

みなさん、こんにちは。

今回のメルマガを担当させて頂きます、
金山校講師の後藤です。

よろしくお願いいたします。

今回は、カラオケのキーについてお話しさせて頂こうと思います。

皆さんは、カラオケに行った際、キーを変えた事ってありますか?

レッスンをしていても、原曲キーで歌えるようになりたい!
と言われる方が沢山います。

原曲キーで歌うと、
憧れのアーティストに近づけたような気分になれますし、
思いっきり声が出せてスッキリしたりしますよね?

ただ、その反面、
最近は音域がとっても高い曲が多く、

うまく歌えずにモヤモヤしてしまう事があったり、
無理矢理声を出して、その後声が枯れてしまった!

なんて経験をされた方もいらっしゃると思います。

実はコレ、とても危険な行為なんです!!

無理に高い声を出そうとして、
喉に負担をかけ過ぎると、声が枯れてしまいます。

そして、その状態から更に声を出そうと頑張ってしまうと、
数日間声枯れが治らなかったり、
最悪の場合、ポリープになってしまう可能性もあります。

もちろん、原曲キーで歌う事がスマートでカッコよかったり、
達成感があったりと、楽しみ方の一つとしてはイイんですが、
無理はいけませんよね!

そこで、高い曲の場合は、
是非キーを下げて(標準キーが設定されている場合は、キーを上げずに)
歌ってみちゃいましょう!

歌いやすいキーで歌う事で、
抑揚が付けやすくなったり、気持ちよく歌えたりと、

また違った楽しみ方が見つかるかもしれませんよ!

しかし、キーを変える事が恥ずかしい!!

なんて声もたまに聞きます!

気持ちはわかりますが、はたしてそうでしょうか?

最近は、他の歌手の曲をカバーするアーティストも沢山いて、
それぞれ自分が歌いやすいキーでカバーされています。

プロのシンガーの方でも、
ちゃんと自分に合ったキーに変えて歌っています。

原曲に忠実でなければならないなんて事は、決して無いと思います。

キーを変えて、歌いやすい音域で、
楽しみながら歌う事で、新しい発見があるかもしれませんよ!

是非、試してみて下さいね!

それではまた!