高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

じゅみちゃんの「歌うときのブレスについて」

発行日: 2017.10.30  ボイストレーニング 音楽

みなさん、こんにちは!
名駅校の朝倉です^^

さて今回は、歌うときにしっかりブレスを取ろう♪
というテーマで書かせていただきます。

普段歌う時に音程やリズムに注意しててもふとした事で音程やリズムが崩れることがあります。

いろんな理由があるかもしれませんが、一つの原因は、息継ぎ(ブレス)です。

早いテンポの曲や、歌詞に切れ目がない曲など、
息継ぎのタイミングが合わずリズムやテンポがずれてしまう人もいるのではないでしょうか。

また、息継ぎのタイミングが合わず息切れしてしまう人もいるのではないでしょうか。

まずは、練習のときに歌詞を見ながら、どこでブレスをするかチェックをして、
ブレスポイントをしっかり決めておきましょう。

そして、ブレスの基本として息を吸うトレーニングをしておく事も大切ですね♪

たっぷり吸うトレーニング

次は素早く吸うトレーニング(クロールする時のように素早く吸いましょう)

鼻で吸うトレーニング(喉の乾燥を防ぐため)

まずはこの3つを実践してみてください。

次にブレスのタイミングです。

ブレスのタイミングをしっかり取るとリズムが崩れにくいです。

その裏技として、ブレスを歌詞にしてしまうのです。
ブレスのタイミングを歌詞にするとブレスしやすいです。
「ハッ」とか「スッ」とかの字を書いてみたり^^

例えば...
「上を向いて歩こう」のフレーズだと「上を向いて(ハッ)歩こう(ハッ)」というように
文字で書き込むことであっという間にブレスのタイミングを覚えられます。

またリズムやテンポの安定につながるでしょう♪
ぜひ試してみてくださいね^^