高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

ゴトーの「歌う前のウォーミングアップについて」

発行日: 2017.09.10  ボイストレーニング 音楽

みなさんこんにちは。
今回は、金山校講師の後藤が担当いたします。

よろしくお願いいたします。

アイズの発表会が近いという事で、
今回は歌う前のウォーミングアップについて書きたいと思います。

スポーツをする前に準備運動をするように、歌う前にも準備運動が必要です。

みなさんは、歌う前にどんなウォーミングアップをしていますか?

ストレッチやハミング、エッジボイス、リップロールなど色々な方法がありますよね!

その中でも、おすすめしたいのは『リップロール』です。

そもそも『リップロール』ってどんな事なんでしょう?

リップロールは、唇を閉じた状態で息を吐き、
唇(リップ)をプルプル震わせブルルルルル、
と音を出した状態の事です。

子供の頃やって遊んだ事がある方もいらっしゃると思います。

リップロールは唇や表情筋ほぐし、リラックスさせてくれると言われています。

また、ステージ前などの緊張感から、
ガチガチに固まった首の筋肉に頼らず発声する事ができ、
声を作る声帯の準備運動ができます。

更に、腹式呼吸で行えば、横隔膜のストレッチまでできてしまうという、
とても効率の良いウォーミングアップ方法だと思います。

僕自身もそうですし、レッスンでもかなり使っています!

しかし、問題があります!
できる人はすぐできるんですが、できない人はなかなかできないという事です。

そこで、できない人の為に、
出来るようになる為のポイントを紹介させて頂きたいと思います。

できない理由としては、
息が多い
唇に力が入りすぎている
息を吐くと、口が開いてしまう
唇が乾燥している

などがありますが、
上記の事をクリアしていても、できない方って意外と多いように思います。

悩みますよね!

出来るようになる為のポイント。

実は、きっかけが大事だったりします。
どうしてもできない方は、是非きっかけをつくってみて下さい!

まずは、滑りをよくするために少し唇をぬらします。
唇を軽く閉じて、少し突き出します。
上唇より下唇の方が少し前に出す感じが良いと思います。

そして息を吐きながら、
人差し指を横にして唇を軽く上から下に「ブルッ」とはじきます。

何度かブルッ、ブルッとはじいて、唇が回転するきっかけを作り、
タイミングをつかんでみて下さい。

このやり方で、できるようになった方もいらっしゃいます!
是非試してみて下さいね!

それではまた!