高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

はらっちのプチレッスン「ンの発音について(2)」

発行日: 2017.08.10  ボイストレーニング

こんにちは。
名駅校のはらです。

8月に入って毎日暑い日が続いていますが、
体調管理に気を付け、8月も元気に過ごしましょう!

今回は前回に引き続き、「ンの発音」について書かせていただきます。

日本語の「ン」という音は、次にくる音によって発音の仕方が変わります。

言葉をキレイに届けるためには「ン」という音を上手に響かせられるようにしましょう。

今回はさらに「ン」の発音を2つご紹介させていただきます。

1つ目は「さんた」「かんだ」「あんない」など
「ン」の次にくる音が「タ・ダ・ナ行」の場合です。

この場合の「ン」は、口を少し開け、
舌先を上歯ぐきにつけて鼻から「ヌ」と声を出します。

「さ~~ん~~た」「か~~ん~~だ」「あ~~ん~~な~い」という感じで、
言葉をゆっくりと出しやすい高さの音(声)で発声してみると
「ン」の発音の仕方がわかりやすいと思います。

2つ目は「あんい」など「ン」の次にくる音が「母音」の場合や、
「ほん」「かん」など「ン」が語末にくる(後ろに何も来ない)場合です。

この場合の「ン」は、
舌の後ろの部分を口蓋垂(こうがいすい)に近づけて「ン」の音を作ります。

「あ~~ん~~い」「ほ~~ん」「か~~ん」と、
この場合も1つ目と同じように、
言葉をゆっくりと出しやすい高さの音(声)で発声してみると
「ン」の発音の仕方がわかりやすいと思います。

特に、口を開けて発音する「ン」が「ウ」のような発音になりがちの人は、
歌を歌う時に喉声で歌っている可能性が高いので「ンの発音」を頑張って練習してみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!