高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

マキちゃんの「バンド練習でのアドバイス」

発行日: 2017.06.30  音楽

みなさんこんにちは、
ドラム講師の斎藤マキです。

今回は、バンド練習についてのアドバイスです。

まず、バンドで一番要になるのが、ドラムです。

テンポをしっかりとキープする重要な役割です。

テンポが安定していれば、ギターやベースも合わせやすいですね。

そして、ダイナミクスや抑揚をつけやすいのもドラムです。

もちろん、ボーカルの歌い方にも合わせた抑揚も必要ですが、
イントロや間奏など、楽器が目立つ部分の指揮者はドラムです。

リズムキープ、音量コントロール、
目立つフレーズなどを意識しましょう。

ビジュアル的な抑揚は、
ボーカル、ギターやベースなど立って演奏している人が行うと良いでしょう。

ドラムに合わせる人達は、
抑揚をつけたい時はドラムの方を見ながら演奏して、
体の動きと音を一緒に合わせることを意識しましょう。

そして、ポイントになるのが、
どのパートも普段から必ずメトロノームを使って練習しておくことです。

メトロノームに合わせることができなければ、バンドでも合わせることができません。

もうすでに音楽祭に向けて練習している人も多いと思いますので、
以上のことを意識して頑張りましょう!

グッドラック!!(^o^)b