高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

アンドゥーの「役割が人をつくる」について

発行日: 2017.02.10  心理

皆様。
こんちばんは。
校長のアンドゥーです。

今日の内容は、
「役割が人をつくる」というお話です。


私たちは、
いろいろな役割を持っているって気づいていますか?

例えば、会社にいるときは、
社長や課長、上司や部下など、
役割で区別があります。

家にいても、親なのか、子なのか。
学校などでも、先輩後輩など。

TPOによって、様々な役割を持っています。

でも、きっと、
「自分は自分」って思っている人がほとんどじゃないでしょうか。

「ひとりの自分」

役割はあったとしても、
元の自分は変わっていないって。


果たして、本当にそうなんでしょうか?

心理学的には、
人はいろんな人格を持っていて、
無意識にコロコロと人格を変えていると言われています。

実際に、
親の前、友達の前、上司の前、
TPOが変わることで、
言葉遣いや考え方も変化しているのです。

人間は、適応の能力があるので、
その場になじんでいくのでしょうね。


よく、
変わりたい、変化したいって、
相談に乗ります。


今の自分が、最高に幸せで、
どんな役割も最高に幸せなら、
きっとそんな相談はしません。

何かしら、不満や不安があるから、
今のままでいいのか?って疑問が出てくるのだと思います。

人は、成長していくものなので、
当然な疑問なんですけどね。


その疑問を解消する一つの方法として、
この「役割が人をつくる」を、
上手に使ってみてはどうかなってよくアドバイスします。


僕の提案は、
「役割をつくる」
なんです。

どうなりたいのか?
どんな人になりたいのか?
どんな役割を持った人になりたいのか?

そのイメージをしっかり持ち、
そのイメージの役割をこなすってことです。

「演じる」って言葉も当てはまると思います。

なりたい自分を演じるんですね。


あなたは、今の自分をイメージして、
ちゃんと素晴らしい人生の主人公として、
最高って言えるでしょうか?

遠慮や謙虚を除いて、
もし言えないのだとしたら、
本当にそんな自分でいいのか?

しっかりと自問自答するといいと思います。


心理学の実験でも、
役割が人をつくることは、
証明されています。

監獄実験と言われていますが、
看守と罪人を、
一般の人に役割を与えて演じたところ、
本当に、その役割に忠実に行動したと言われています。

看守は、最終的に、
暴力で罪人を支配しようとしたそうです。

罪人は、
本当に自分が犯罪者だと思うようになっていたそうです。

役割が人を変えるんですね。


あなたの人生において、
あなたはどんな役割があって生きているのか?

ちょっと大きな視点から考えることも大切です。

あなたは、意味があって存在しており、
その役割をになっているのです。

それが苦しいとしたら、
辛いですよね。

役割が人をつくるのなら、
自分から役割をつくり、
演じてみてください。

実験でも起きたように、
その役割があなたをつくってくれます。

あなたのイメージ通りに。


「役割が人をつくる」を
上手に活かしてみてくださいね。

では、また(* ̄▽ ̄)ノ