高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

じゅみちゃんの「歌を上手に歌うための練習について」

発行日: 2016.10.17  音楽

こんにちは^^
季節はすっかり秋ですねー!
寒くなってきました><

寒いのは苦手です・・・
みなさんも風邪など気を付けてくださいね♪
紅茶にショウガとハチミツを入れて飲むのがおススメです♪


さて今回は、
歌を上手に歌うための練習についてお話ししましょう。

ズバリ課題曲を決めて練習しよう!
です。

プロ歌手でも課題曲を決めて、
その曲1曲を何度も何度も練習して上手に歌えるようになっています。

また、同じ曲を練習し続けることには、
上達の他にもメリットがあるんですよ^^

たくさん練習することで曲に慣れて、
人前で披露する時に自信を持って歌うことができます!

さらに上達していけば、その曲を歌った時に、
その日の自分のコンディションを確認することが出来ます。

自分のコンディションを計る大事なバロメーターになりますよ♪

さて、では課題曲はどんな曲を選んだらいいでしょう?

まずは、原曲キーで歌える曲を選ぶことです。
キーというのは曲全体の音の高さのことです。

そのキーを変えて歌うのは、
実はあまりよくないことです。

作曲家は曲を作る際に、
その曲が一番よく聞こえるように考えて作っています。

歌いづらいからと言って、
キーを上げたり下げたりすると作曲家の思ってた曲と違ってしまうのです。。

よって、原曲キーで歌える曲を選んでくださいね^^

そして、次に、
歌いだしの30秒で勝負できる曲を選んでみてください。

大体の人は歌いだしの部分をしっかり聞いています。
最初に「おっ!」と思えば最後まで聞いてくれます^^

ですからなるべく、
自分の技術を早く発揮できる曲を選ぶのをおススメします^^

低い声を出すのが得意な方は、
なるべく早く低い音が出てくる曲を♪

反対に高い声を出すのが得意な方は、
なるべく早く高い音が出てくる曲を♪


10月も終わりに近づいてますね・・・
そろそろ忘年会に向けて
カラオケ練習を始める時期ですね^^

今からでも課題曲を決めて
練習始めてみて下さいね♪