高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

マキちゃんの「曲の聴き方について」

発行日: 2016.09.30  音楽

みなさんこんにちは、
ドラム講師の斎藤マキです。

今回は曲の聴き方について
お話しします。

みなさんは曲を聴くとき、
何を一番強く聴きますか?

大抵の人は
一番聴こえやすいボーカル、

あるいはインストなら
メインのメロディを奏でている楽器だと思います。

しかし、
その他にも色々な楽器が鳴っていますよね?

耳を鍛える練習として、
他の楽器を聴くというのはとても大切なことです。

では、どうやって聴けばよいのでしょうか。

それは難しいようで簡単なことです。

例えばバンドサウンドの場合、
ベースであれば、しっかりと低音のなるオーディオ環境で
(iPhoneなどの場合はヘッドホンを使用してください)、
ベースの音だけを最初から最後まで、じっくりと聴きます。

よく聴こえない場合は、
目を閉じて、繰り返し聴きます。

ドラムを聴く場合は、
パーツの数がたくさんあるので、
始めは1点ずつ分けて聴いてみましょう。

シンバルやスネアなど
高音域に位置するものは聴こえやすいと思います。

ギターは、大体2本以上入っているので、
それを分けて聴いてみるのも面白いですね。

このように、一度に多数聴こうとするのではなく、
1点に集中すれば聴こえるはずです。

どうしても、
周波数などの問題で聴こえづらい音もあるかと思いますが、
大抵目を閉じて集中すれば聴こえます。

いろんな音やフレーズがうまく重なり合って、
一つの曲を作り上げていることに気付けたら、
もっともっと音楽に感動できるかもしれません。

ぜひ、試してみてくださいね!