高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

フッキーの「基準値」の話!

発行日: 2016.07.28  音楽

こんにちは。
金山校のフッキーことフクダです!

今日は「基準値」の話をしていこうと思います。

そろそろ、アイズライブ出演者の方は、
本番に向けて
仕上げの段階に入っていく時期だと思うので、
ぜひ参考にしていただけると幸いです。

さて、なぜ基準値の話を持ちだしたかというと、
レベルアップに欠かせない要素だからです。

「なかなか上達しない」
「上手くならない」
「思うように演奏できない」
「イメージどおりに曲作りが進まない」
などなど、
なかなか伸び悩んでいるという方を、
ちょくちょく目の当たりにすることがあります。

そこで一つ頭の片隅に置いといてほしいことが、

「質」x「量」=結果

であることです。

例えば、
トップミュージシャンと呼ばれているミュージシャンは、
適切なメソッドで、
圧倒的な練習量をこなしているとか

例えば、
甲子園で強豪校と呼ばれているところは、
適切な練習方法を用いて、
圧倒的な練習量をこなしているとか

例えば、
東大に合格した人は、
適切な勉強方法で、
圧倒的な学習量をこなしているとか

ちょっと極端な例で
もちろん、全員が全員、
同じように結果が出せるとは言い切れませんが、
概ね納得できる部分があるのではないかと思います。

より具体的な例を挙げると、
どの分野であっても、
プロとして一人前になるためには、
1万時間を費やす必要があるといわれています。

毎日3時間で約10年
毎日6時間で約5年
毎日9時間で約3年

また、5分の曲を1万時間練習しようとすると
120000回演奏することになります。

プロを目指しているわけではないにしても、
別な捉え方をすれば、
適切に経験値を積めば、
着実にレベルアップするということでもあります。

もう1点、レベルアップに避けては通れないものに
「シグモイド曲線」という、
物事を学習するときに上達の具合を表す、
S字カーブのグラフがあります。

学習の始めは緩やかに、
あるときガツンと上昇して、
また緩やかなカーブを描くというアレです。

これは練習量に比例して、
上達していくわけではないことを意味しています。

なので、どうしても練習している中で、
伸び悩む時期が存在することを
受け入れることが重要です。

そして、その成長曲線は、
繰り返し出現するということです。

ということは、
基準値をできるだけ高めて練習に取り組むことが、
求める結果に対して、
早く到達することができるということです。

「うまくできない。。。」ということは、
シンプルに練習量が足りていないだけ!
と捉えてあげれば、
変な疑心暗鬼な感情も
最低限に抑えることができると思います。

なかなか練習場所の確保など、
大変だったりしますが、
なんとかできうる形で、
「質」をキープしながら、
「量」を積んでいきたいですね!

さて、
9月のアイズライブも楽しみにしていますよ!!