高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

原っちの「楽譜のルールは簡単!『横が時間で、縦が高さ』」

発行日: 2016.05.29  音楽

楽譜の仕組みは、実は単純です。

横が時間で、縦が高さです。

横=水平線上では、時間の流れにのってメロディ(旋律)が描かれます。

縦=垂直線上では、音が重なり、同時に鳴り響く瞬間、ハーモニー(和音)などを、視覚的に捉えることができます。

横はメロディ、縦はハーモニーというところから出発しましょう。

五線紙の上にト音記号があって、音の高さが分かります。

これで縦の準備が完了。

音符には長さの約束事があるけれど、
たかだか6種類(もちろん付点などが付けばもう少したくさん)。

同じ数だけ休符の種類があります。
これで横の準備も完了。

その他の記号は、
速さと飾り(装飾)と演奏方法の約束事がありますが、
これはあせらずに少しずつ経験していきましょう。

これで楽譜を読む準備は完了です。

準備ができたら、曲を聴きながら楽譜を眺めるなどして、どんどん楽譜に触れましょう。

楽譜が読めるようになったら、音楽を何倍も楽しめますよ♪