高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

モッキーの「うたを聴く耳を育てよう!!(1)」

発行日: 2016.05.09  音楽

こんにちはっ!!((*´▽`o)o゛―♪

アイズ金山校のボイストレーナー、
魅惑のハイトーンボイス、モッキーこと佐藤元紀です。

よろしくおねがいしまーーす!!!

いきなりですが、みなさんに質問です。

歌をいまよりもっと上手に歌えるようになりたい人ーーーーー???


たくさんの方からの「はーい」をありがとうございます!(笑)

ぼくも同じように、「はーい」の1人です。


じゃあどうしたら、
いまよりもっと上手に歌えるようになるのでしょうか??


答えは、簡単です!!

歌を上手に歌えるようにする、
最大のポイントは。。。


実は、【歌を「しっかり」聴くこと】です!!

そして、この「しっかり」が重要!!なんです。

では、この「しっかり」という部分を解説しますね!!


みなさんは普段、歌を覚える時、どんな聴き方をしますか??


たとえば、この人上手だなぁと思う歌い手さんがいるとします。

その人の歌を「しっかり」聴くんですけど、
その「しっかり」とは。。。


まずその人が「なぜ上手に聴かせることができているのか」ということに意識を向け、
その人の「歌い方」に注目して聴くようにする。

そして、どんなことをしているから上手に聞こえるのか、
そこに気づける「耳」を育てることが、上手に歌えるようにするためのポイントになるんです。


よくありがちなことが、
メロディがある程度覚えられると、口ずさんだり、歌っちゃったりすることありませんか?


そうすると、なにが起こると思いますか??


一緒に口ずさんだり、一緒に歌っちゃうことを繰り返すと、
「歌い手さんの歌い方」ではなく、『自分の歌い方』が、耳に残ってしまう、
ということになるんですよね。

また、歌い手さんと一緒に歌っちゃうと、
まるで自分が上手に歌えている「錯覚」を起こしてしまうことにもなります。


それでいい気分を味わえれば、
それも気持ちいいかもしれませんが。。。


でも。。。


せっかく今より上手に歌えるようにしたいのに、
歌い方の上手な人から、上手な歌い方のポイントを吸収できるチャンスなのに、
そこで自分の声を出して歌ってしまったら、もったいないっ!!!


ってことで、
歌のメロディをおぼえることができたら、今度は歌い手さんの歌い方に注目して、
どんな歌い方をしているかを「しっかり」聴いてみてくださいねっ!

上手な歌い手さんの歌い方は、みなさんの歌を上手に歌えるようにしてくれる、
教科書みたいなものですし、参考書みたいなものです。

本当にたくさん、学べることはありますので、
モノマネするつもりで、歌い方まで耳コピできるような「耳」をぜひ育てて、
自分の歌い方が良くなるポイントをつかめるようにしましょう!!

一緒に歌わずにねっ!!


次回は、うたを上手に歌えるようにするための、
聴く耳を育てる聴き方のコツ、をお伝えしようと思ってます!


最後までお読みくださり、ありがとうございました!
次回もお楽しみにっ!!