高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

マキちゃんの「ビートについて」

発行日: 2016.03.22  音楽

皆さんこんにちは。
ドラム講師の斎藤マキです。

今回のお話は『ビート』についてです。

皆さんよく聞くのが8ビートかなと思います。
8分音符を主に使ったリズムですね。

そして、ビートは他にもいろいろあります。

16ビート、4ビート、2ビート。

アメリカでは、
8ビートのことを”8th Note Feel”と表現されます。

16ビートは、”16th Note Feel”。
ファンク系の曲でよく表記されています。

4ビートは、ジャズの基本リズムで、
”Swing Feel”と表現されます。

2ビートは、ワンツー、ワンツーとリズムを取る、
マーチやカントリー等のリズムです。

アメリカで何というかは不明です。

アメリカの基本ビートがカントリーなので、
これは特に表記されないのかも??(笑)

というわけで、ビートというのは、
曲調を伝える時に一番分かり易いものなので、
覚えておくと便利です。

テンポと併せて、ビートを決めるという作業は、
ドラマーにとって、一番最初の重要なアレンジですね。

邦楽は圧倒的に8ビートが多いですね。

いや~、8ビートはかっこいい!!

ドチタチドチタチ!歌いやすい!(笑)

みんなで歌いましょう(^o^)丿いえ~い!