高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

ゴトーの「ハミングについて」

発行日: 2016.02.18  ボイストレーニング 音楽

みなさんこんにちは。
金山校の後藤です。

今回のメルマガを担当させて頂きます。
よろしくお願い致します。

以前のメルマガで、ウォーミングアップに最適な、
リップトリルについてお話しさせて頂きました。

今回は、ウォーミングアップシリーズ第2弾と致しまして、
「ハミング」についてお話しさせて頂きます。

カラオケ等に行き、さぁ歌うぞっ!
と、思い切り声を出してはみたものの、
喉や鼻が詰まった感じがして、思うように声が出なかった経験はありませんか?

特に、起きて間もない時や、
寝不足などで疲れが溜まっている時は結構あったりします。

そんな時、
是非ハミングをしてみて下さい!

ハミングって何?という方は、
鼻歌と言えばピンとくるんじゃないでしょうか?

嬉しい時や気分がイイ時に、
ついついやってしまうアレです!笑

ハミングは、少ない息の量で声を作る効果を期待する事が出来ます。

更に、少ない息で綺麗な声が出るようになれば、
同時に声帯を上手く閉じる効果も期待できます。

実は、高い声や大きな声を出そうと思った時、
沢山の方が息を吐きすぎているんです!

息を吐きすぎると、声帯が合わさりにくくなり、
思ったより声が出なかったり、息もれの原因になったりします。

喉や鼻が詰まった感覚になるのも、これが原因の場合が多いと思います。

本来、綺麗な声は、声帯がしっかり合わさっているため、
口や鼻から息はそんなに出てないのが理想です。

それを体に覚えさせるために有効なのがハミングというわけです。

やり方は、
まずリラックスして鼻歌を歌って下さい。

声より息の出てる音が大きかったり、
鼻の奥が詰まる感じがある場合は、息の吐きすぎかもしれません。

その場合、少し小さな声でやってみて下さい。
そして高音時は、裏声に変えて下さい。

無理なく、力まず、軽くするのがポイントです。

慣れてきたら、ハミングでサイレンのように声を出してみて下さい。

高校野球の試合開始で鳴るあの音です!

低い音は地声で、
高い音は裏声で出して下さいね!

これを1分から2分くらいやってみて下さい。

更に、
前回お伝えしたリップトリルと合わせて行うと、より効果的ですね!

みなさんも是非試して下さいね!

それではまた!!(^o^)/