高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

ゴトーの「メロディーラインの耳コピ」について

発行日: 2015.10.17  雑学 音楽

みなさんこんにちは。
今回のメルマガを担当させて頂きます、
金山校講師の後藤です。

よろしくお願いします。

今回は私が担当させて頂いた
vol.296の続編です。

前回は、
歌う時に音がズレてしまう人は、
声の中音を聞く事をオススメさせて頂きました。

しかし、
音がズレてしまう原因は様々です。

なので、
今回は『メロディーラインの耳コピ』について
お話しさせて頂きます。

音がズレてしまう人は、
音の高さの認識が弱い事も、
原因としてあると思います。

出した声が、
出したい音より高いのか、
低いのかが分からず、

合わせる事が出来なくて、
音をはずしてしまうケースです。

前回お話しさせて頂いたように、
中音がしっかり聞こえていても、
高さの認識が弱いと、
《ただ聞こえているだけ》
になってしまうという事です。

この場合、原因は耳にあると考えられます。
つまり、〔音感〕というヤツです。

音の高さをしっかり認識する事で、
出したい音の高さに合わせる事が出来ると思います。

音感を鍛えるトレーニング方法としては、
鍵盤などの音階の出せる楽器を使って、
メロディーラインを耳コピする事が有効です。

耳コピとは、楽譜を見ないで、
メロディーの音階を探しながら弾く事です。

これをする事で、
相対音感という音感が鍛えられ、
音の高さの認識を高める事が出来ます。

また、伴奏の様々な楽器の音〔ドラムやベース、ギターなど〕も
聞き分ける事が出来るようになるかもしれません。

ここまで来ると、
リズムや表現という部分も強化され、
歌が上手くなれる要素を
沢山ゲット出来るかもしれませんよ!

是非試してみて下さいね!