高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

フッキーの「作曲こぼれ話(2)」

発行日: 2015.08.10  音楽

こんにちは!
アイズ金山校のフッキーです。

前回は、
「音楽の3要素を頭に入れておこう!」
をテーマにお話ししましたが、
いかがだったでしょうか?

何事も基本が大事ですね。

しかし、基本を押さえても、
いいメロディが出てくるかは、
また別のお話になってきます。

そこで今回は、
メロディラインを作りやすい音階について
お話ししていきます。


というわけで、本日のテーマは、

「ペンタトニックスケールを活用しよう!」

基本的に作曲するときは、
ダイアトニックスケールといって、

ドレミファソラシの
7種類の音を用いた音階を使っていきますが、

さらにメロディラインに
広がりを持たせたりするために、

ペンタトニックスケールという音階も
作曲するときによく使われます。

ペンタトニックスケールとは、
「5つの音で構成される音階」です。

ペンタ(PENTA)はギリシャ語で
「5」を意味する言葉だそうです。

たとえば、アメリカの国防総省の建物は
「ペンタゴン」と呼ばれていますが、

あれって建物の形が
正五角形の形をしているんですね。

さて、話を戻してこのペンタトニックスケール、
実は音階自体が既に歌ってるんですね。

歌ってるというのは、
メロディラインぽく聴こえるということです。

そこでいくつか、
代表的なペンタトニックスケールを紹介したいと思います。

●四七抜き
これは、日本人ならぜひ覚えておきたい
ペンタトニックスケールです!

ドレミファソラシをドから順番に1234567として、
4番目と7番目を抜いた、

ドレミソラの5つの音でメロディラインを構成するのが
四七抜きです。

もし、ドレミを鳴らせる楽器が傍にあれば、
ぜひこの音階を鳴らしてみてください。

すぐに楽器が鳴らせない方は、
下の音源を聴いてみてください。
http://bit.ly/1N8fx7V

ほら!
聴いたことあるでしょ?

順番に四七抜き音階を辿るだけでも、
立派なメロディになります。

さらに、並べ替えたりとかすると、
どこかグッと来るような
キャッチーなメロディにもなったりもします。

なんかキャッチーなメロディが思い浮かばない
という人は、
ぜひ、四七抜きを研究してみてください。


もうひとつ、どうがんばっても夏っぽくなってしまう、
ペンタトニックスケールを紹介します!

●琉球音階
ドレミファソラシの2番目と6番目を抜くと

ドミファソシ

となって、
なんとも琉球民謡な雰囲気があふれ出します。

どれだけ並べ替えても、この音階の音を辿る限り、
沖縄から離れることができなくなります(笑)

琉球音階は、
なかなかフツーのPOPSには使いづらいかもしれませんが、

ドレミファソラシの音階から
2音抜いてみるという発想が大事です。

他にもペンタトニックスケールはありますが、
ぜひ、自分なりな音の抜き方にチャレンジしてみてください。

さて、最後に四七抜きメロディを使うと、
曲がどれだけキャッチーになるかを聴いてもらって、
本日の締めとさせていただきます。

http://bit.ly/1eQVKOo