高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

レフアの「歌う前のストレッチについて!」

発行日: 2015.06.18  ボイストレーニング 音楽

みなさんこんにちは!
金山校福島です!

まだ六月だというのに、
めちゃくちゃ暑かったり、
急に寒くなったりで、
体がついていけないですよね(+_+)

体調壊してしまうと、
レッスンにこれなかったり、

風邪だと喉を痛めて、
復活するまで時間がかかりますからね!

普段からなるべく、
体調管理には気をつけたいものです!

ところで、みなさんは、
歌う前にストレッチしていますか?

たとえば、
運動会で100m走に出るとなれば、
足のストレッチなどを無意識にしていると思いますが、

では歌の時はどうでしょう?

結構、「ま、いっか・・・」になってたりしませんか?

たしかに、しなくても声はでます。

でも、響くいい声を手にしたいのであれば、
やはりしっかりほぐした柔軟な体で、
歌やレッスンに挑んでほしいのです。

ストレッチといっても、さまざまです。

顔のストレッチから、
足先までしっかりできればいいですが、

時間がないときは、

首(上下左右に首の筋肉を伸ばす)や
肩甲骨(右左別々に肘を後ろに引っ張るようにまわす)、
肋間筋(上に伸ばした両手を組んで左右に倒して伸ばす)

を呼吸を止めないように、
重点的にやってみてください。

姿勢も大切です。

猫背の方は特に注意です。

歌っているうちに癖が出てきてしまうので
常に鏡で確認しましょう。

一生懸命息を吐こうとしていても、
力んで舌に力がはいって気道をふさいでしまったり、

姿勢のせいで、
息のスピードを弱めてしまうことにもつながります。

そうなれば、
声帯の筋肉をコントロールすることも難しくなり、
響く声から遠ざかります。

なかなか思うように声がでなくてお困りの方、
ストレッチや姿勢を見直すことで
改善されることも少なくないとおもいますよ!

いろんなストレッチで試してみてください!