高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

マキちゃんの「拍について!」

発行日: 2015.04.18  音楽

みなさんこんにちは。
ドラム講師の斎藤マキです。

今回もやっぱり
リズムネタで書いてみようと思います(笑)


リズムを感じる=拍をとる

ということだと私は思っています。

拍をとることができれば、
もちろん歌を歌っても
気持ちよく歌えるのではないでしょうか。

そして、簡単なダンスもできる。
作曲もできる。


では、拍とは何か??

拍とは、
一定の長さを持った音節単位とされていますが、
簡単に言えば、数え方が1・2・3・4ですね。

4分の4拍子では1・2・3・4。
4分の3拍子では、1・2・3になります。

この数字一つが『1拍』になります。


4分の4拍子の『4分の』とは
4分音符という意味です。

なので、4分の4拍子では
『4分音符が4つ』となります。

それを仕切るのが小節ですね。


でも、世の中には
数えにくい変拍子というものがあります。

大体は5拍子、7拍子、9拍子など
奇数拍が多いとされています。

例えば4分の4拍子が続いている途中で
1小節だけ4分の5拍子を挟んだりするように拍子が変わることも、
変拍子といいます。

4分の5拍子は、
4分音符が5つ、1・2・3・4・5と数えます。

5拍数える1サイクルで、
フレーズやメロディが1循環します。

有名なJourneyというバンドの"Open arms"という曲は8分の6拍子で、
4分音符の半分の8分音符が1拍になり、1・2・3・4・5・6と数えます。

このように、
8分音符が1拍の目安になることもよくあります。


拍子というのは、演奏する人の取り方で決めるので、
曲を聴いてとっさに判断するのは非常に難しいものです。

ボーカルの人からすると無関係のように思えますが、
拍子の動きを理解して、
拍の中で強く感じたり弱く感じたりすることができると、
抑揚をつけて歌えたりするので、
とてもきれいなリズムの歌に聴こえることでしょう。


作曲する際にも、メロディをどこで割るか、
という時に拍の取り方を知っておくと、
やたら変拍子になることもなくなるでしょう。

拍子が変わるだけで、
曲の雰囲気はずいぶん変わってくるので、
面白いですよ♪


それでは、
皆さんもいろいろな曲で拍を意識してみてくださいね!