高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

モッキーの「リズム感を鍛えよう(1)」

発行日: 2015.03.09  音楽


こんにちはっ!!((*´▽`o)o゛―♪

アイズ金山校のボイストレーナー、
モッキーこと佐藤元紀です\(^o^)/

今回のテーマは「リズム」


歌を上手に歌えるようにする上で、
リズム感を鍛えておくことって、
とーーーーーーっても
大事なんですよーーー!!!!!

たとえば、
歌い始める時にどのタイミングで入るんだっけ?
とか
カラオケよりどんどん早く歌っていってしまうなぁーー。。
とか。

そんな時に、リズム感を鍛えておくと、
そういったことが解消できる!

だけでなく!!

ノリよく歌うことができちゃったり、
ステージングだって、
かっこよく演出できちゃったり、
なんてことが可能になるかも!?

さらにいうと、
ギターやピアノで弾き語りをやる人にとっては、
超重要!!!

自分のとるリズムが頼りになるので、
カウントを数えながら、
演奏する練習が必要不可欠になります!!

これはもう、
リズム感を鍛えて養っていくしかないですね(^O^)

ということで!
まずは、曲に合わせてリズムをとる
習慣をつけるところから始めましょう!

そういえば、ぼくも昔ボイトレ通ってた頃、
よく電車の中でウォークマン(←懐かしい。。)で曲を聴きながら、
ポケットの中に手を突っ込んで、
リズムとったりしてたなぁ。。(しみじみ)

では、やり方です。
とっても簡単っ!!

できればドラムの音がなっている曲をチョイスして、
流してもらいます。

ドラムのリズムに耳を傾け、
手拍子なり、ももを叩くなりして、
リズムをとっていきましょう。

おおよそ、
4拍子でたたくと当てはまることが多いので、
1.2.3.4.1.2.3.4。。という風にカウントをしながら、
叩いていくのがオススメです。

慣れてきたら、両手を使って、
ももをさらに細かくリズムをとって叩いていくことも、
レベルアップに繋がります。

4拍子、8拍子、16拍子。。という風に、
カウント数を増やすことにも
チャレンジしてみてくださいね!


まとめです。

日頃からリズムをとりながら曲を聴く、
リズムをとりながら歌を歌う、
ということを行って習慣化してくると、
そのうち無意識でもリズムを取れるようになっていきます。

そうすることで、
リズムのことに意識を向けなくても、
リズムを取れている状態で歌詞や音程や表現力のほうに
意識を向けることができるように持っていくことが可能です。

なので、ぜひリズムの習慣化、
曲に合わせてリズムを取り続けてみてくださいね!!

それでは、また次回ーーー!!!(^O^)/