高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

フッキ―の「メンタルを強くするためには?」

発行日: 2015.02.27  心理 雑学

みなさん、こんにちは。

ボーカルとDTM担当の
フッキーことフクダです。

いよいよ来月はアイズライブですね!

今回も多くの生徒さんが参加されますが、
毎回よく質問されることで多いのが、

「メンタルが弱いので、
緊張して上手くステージで演奏できるか不安です。」

というようなお話です。

そこで、
今回は簡単なメンタルトレーニングのやり方などを
お伝えしていこうと思います。

そもそも、
メンタルが弱いというのは、
どういうことかというと、

「新しいことに挑戦することが怖い」

と捉えることができます。


なので、
「私は新しいことに挑戦することが好き」
とかっていう人は、
メンタルが弱いということが
ほとんどありません。

新しい物事や、
人との出会いなどに消極的だったりするのが、
メンタルが弱い人の特徴の一つです。

これを、
どのように改善していくといいかというと、

新しいことに挑戦していく

ということです。

元来、生物とは
新しいことに挑戦しない生き物です。

種の保存の法則や
自己保存の法則に基づけば、

自分の縄張りから
外に出ないほうがいいに決まっています。

自分の縄張りから出ることは、
リスク以外の何物でもありません。

我々人間も自分のテリトリーから出ることに、
著しい不安と恐怖を感じるようにできています。

これはいわゆる
快適領域とかコンフォートゾーンと呼ばれ、
いままでと同じことをやっていると安心します。

しかし、
人間がこの21世紀まで成長してきたのは、
チャレンジしてきたことによるものです。

このように、人間である以上、
いままでのテリトリーから出て、
新しいことに挑戦するときには、

恐怖心を持っていることを理解するだけでも、
何か自分の中で
変化を感じる部分があるかもしれません。


つまり、メンタルを強くするためには、

「新しいことに対して積極的になる」


たとえば、
新しいお店ができたら行ってみるとか、
行ったことのない場所に行ってみるとか、

新しいことに対する恐怖を
少しずつ減らしていくことが効果的です。

小さなチャレンジを続けていくことで、
より大きなチャレンジができるようになっていきます。

「自分、メンタル弱いなー」と感じているあなたに、
ぜひ実践していってほしいです。

そして、
気がついたらスゲエ自分になっていたら最高ですね!