高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

アンドゥーの「歌を楽に歌う方法!!」

発行日: 2014.07.16  ボイストレーニング 音楽


ど~も~(^^)/
アンドゥーです。

今回は、僕の担当なので、書いちゃいます!!

今回のテーマは、「歌を楽に歌う方法!!」です。

あまり歌が得意ではなく、
ボイストレーニングを受けたことのない人に特に効果がある内容です(^^♪

歌が得意でない人は、
「歌っていてもなんかずれている気がしたり、もっと上手に歌えたらな~」って思っていると思います。

でも、「練習する時間もないし、そこまで歌う機会もないし・・・」
でも、「できたら、うまく歌いたい」って思いますよね(^_-)-☆

そんな人に、
超簡単に歌が歌いやすくなっちゃう方法をお伝えします。

歌が得意でない人は、
「歌って難しいな~」「歌をうまく歌うなんてあまり考えられない」と思っているのではないでしょうか。

確かに、歌は深いですし、難しいです。

でも、歌が上手な人は、
カンタンに歌っているように見えます。

そんなに練習していないのに、
覚えたらすぐ歌えているって感じです。

確かに、歌が上手な人は、歌を覚える時間も早いし、
歌い方をつかむことが上手なんですよね。

もちろん、たくさん聞いて覚えて、
何度も何度も歌ってますけどね。

僕は、歌を教えてもう16年くらいになります。

その中でも、
これをやるとほとんどの人が「歌いやすい」って感じるレッスンがあるんです。

特に、歌が得意でない人は効果があります。

得意な人が無意識にやっていることでもあります。

その方法は、「ブレスを書く」です(^^♪

書く? どこに? って思いました?

歌詞にブレスを書くのです。

ブレスとは、息つぎのことです。

人は、無意識にブレスをしています。
勝手にやっているんです(^^♪

なので、歌の時も無意識にブレスをしています。

基本、歌手が歌っている歌を聴いて、
ブレス音も聞こえるので、これも無意識に合わせていますが、意識している人は少ないです。

この、ブレスを意識して、そして、歌詞に書くことが重要です。

歌詞に書くことで、目に見えてブレスする位置を確認できます。

なんと、この確認をすることが、
歌うことを楽にしてくれるんです!!

「なんで???」って思いますよね(^_-)-☆

実は、歌のブレスってとっても大切で、無意識にやっているのですが、
歌には意識したり無意識だったり、たくさんのことをやっています。

特に、音程に意識を向けている人がほとんどなんですが、
声の出し方、音程、曲のイメージの表現やリズムなど、
たくさんのことを無意識にやっています。

無意識にやっているってことは、
勝手にあなたの意識に関係なくやっているんです。

ということは、無意識は「センス」のようなものです。
やったら勝手にやっていて出来たって感じです。

この無意識を意識してコントロールすることで、
歌は、明らかによくなります。

なぜか?

歌には、実は、ちゃんとルールや法則があるんです。

たとえば、リズムや音程や歌詞など、
決まったことがとっても多いのです。

それを無意識にやるから、
うまい人やあまりの人が出てくるんです。

要は、無意識を意識的にコントロールすることで、
その歌のルール通りに歌うことができるのです。

その1つが、「ブレス」なんです(^^)/

このブレスを書くだけで、めっちゃ歌いやすくなります。

これは、レッスンで実証済みです。

ほとんどの人が、歌いやすいって感じてくれます。

無意識のやることが意識してできるので、
コントロールしやすくなって楽に歌えるようになるんです。

ぜひ、「歌詞にブレスを書く」をやって歌ってみてください。

その違いにきっと驚きますよ(^^♪