高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

あいちゃんの「曲の覚え方について」

発行日: 2013.11.16  ボイストレーニング


みなさま初めまして!
メルマガ初登場の金山・名古屋両校でボーカルインストラクターの宮嶋です!!


今日は曲の覚え方についてお話ししたいと思います!!

みなさんそれぞれ自分の課題曲はどうやって覚えて練習していますか?

何度も何度も聴いては歌って聴いては歌っての繰り返しだと思いますが…
ちょっと苦手な曲や難しい曲だと全然覚えられないことってないですか?

そんな難しい曲でも早く正確に覚えられるポイントがあります。


それは…『まず黙って曲を聴いて、分解して練習すること』です!


そんなの簡単じゃーん!!!という人…
これ意外に出来ていない人が多いんですよ(笑)

特に注意してほしい所は『黙って聴く』ということ!!!

早く歌ってみたい思いや、早く歌詞を覚えたい思いが先走って
ついつい曲に合わせて、一緒に口ずさんでいませんか?

何度も反復練習をすれば、大まかなメロディーやリズム、
フレージングはだいたい耳に入ってきますが、

この方法で練習をしていると、
誤ったリズムやメロディーのまま覚えてしまって癖になってしまうことがあります。

そして、自分の歌を録音して聴いてみると…
『あれ?全然原曲と違う…』という結果になってしまいます。

そこから正しいメロディーやリズムを覚え直すのは、
曲をまた初めから覚え直すのと一緒…
結局完成までに倍の時間を費やしてしまいます。


では、実際にどうすることなのか。
『まず黙って曲を聴いて、分解して練習すること』のやり方です


●まず、黙って曲を全部聴きます。

●次に曲を、リズム・メロディー・歌詞に分解します。

●まず歌詞だけを聴いてみましょう(歌わない!!)
・歌詞だけを聴くときに注意するのは『発音』です。
『行く』という歌詞の時、発音は『ゆく』なのか『いく』なのか。
『言う』は『いう』なのか『ゆう』なのか。

●発音をチェックしたら歌詞を声に出して、話すように読んでみます。(スラスラ言えるまで)

※まだ歌いません。

●次にリズムだけを聴いてみます。

●リズムの時は、足や手を使ってリズムを取りながら聴いてみましょう!!
注意するのは何拍目で歌いだすのか、何拍伸ばすのか、
アクセントはどこについているか。

●リズムが明確になって来たらリズムだけで読んでみます。
はたから見るとお経の様に聞こえますが、それでいいんです(笑)

※まだまだ一度も歌ってません。

●ここで初めてメロディーに注意して聴きます。
・できればピアノなどで音を自分で取ってみるのもいいでしょう。

●メロディーが分かったら、歌詞を付けずに「ラ」で歌いましよう。

※ここでやっと歌いだします。

●「ラ」で歌えるようになったら、ここでやっと歌詞を付けて歌います。


そうすると、あら不思議~♪
スラスラと歌えるようになっています!!!

これでスラスラ歌えなかったら、
どれかの手順が足りていないという事なので、後ろに戻ってやり直しです!!


ここまで来てスラスラ歌えるようになっているのは…

・分解して練習しているので不明確な箇所がない。
・分解して聴いていく間、曲を何十回と聴いているから覚えた。

からなのです。

長い道のりだな~と思うかもしれませんが、
これが完成度が高い歌を歌うには一番の近道なんです。

このやり方で慣れれば、さらに曲を覚えるスピードが上がります。

皆さんも騙されたと思って
難曲にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!!!