高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

距離を感じる

発行日: 2008.01.15  ボイストレーニング

このコーナーは、「声が小さい」「高音出したい」「大きい声を出したい」など、

とにかく声をしっかり出したい人専用です。

たくさんあるボイストレーニングの中から、即効性があり、あまり考えることなく、これをやればとにかく声は出る!というトレーニングを6ヶ月に分けて6パターン書きます。

腹式呼吸や支えなど、難しいことは言いません。

頭で考えず、とにかくやってみてください。

きっとどんな人にも効果は期待できます。

基本的に、

すべて「姿勢は良く」で試してくださいね。

声に姿勢は大切です。

特に背筋はまっすぐで。d( ̄∇ ̄*)o

これで更に効果はアップです。

それでは、お気軽にお試しください。(* ̄ー ̄*)ふふん。

 

「即効ボイストレーニング」第1回。

◎「距離を感じる」

声には法則があり、距離を感じると大きさは勝手に変わるのです。

遠くに出す声のほうが大きい声が出るんです。

例えば、近くにいる人(すぐ隣にいる)に声を掛けるとき、声ってそんなに大きく出さなくても聞こえますよね。

むしろ、耳元なら小さいささやき声でも聞こえます。

近ければ声は小さくても聞こえるので、声は小さいのです。

では、遠くにいる人に声を掛ける場合はどうでしょう?

例えば、お店で店員さんが離れたところにいて、その店員さんに「すいません」と声を掛ける時、勝手に声は大きくなりませんか? 

遠いと、声は大きくないと聞こえないですもんね。

このように声は距離によって大きさが勝手に変わるのです。

 

さらに、

小さい声ほど低く、大きい声ほど高くなります。

高音ほど声は大きくなるのです。

音程も変わるんですね。w( ̄o ̄)w オオー!

あなたは、歌うときに歌詞をずーと見たり、カラオケでも画面ばかり見てませんか?

それでは、距離感が感じられず、声にメリハリが付きません。

 

◎「距離を感じる」

意識して使いましょう(* ̄▽ ̄*)ノ"