高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

腹式呼吸を確認しよう

発行日: 2007.05.16  ボイストレーニング

息を深く吸うと、肺に入った空気で横隔膜が下がって、お腹がふくらみます。

これが「腹式呼吸」の状態です。

人が自然に呼吸するときは、たいてい胸部のスペースを調整して空気を出し入れする「胸式呼吸」を使っていますが、

胸だけを使うこの方法では、自然に吸い込める空気の量は限られます。

それが、横隔膜も伸縮させる腹式呼吸だと、より多くの空気を出し入れできるので、

息のコントロールを必要とする発声には欠かせない呼吸法です。

まずは腹式呼吸を身につけ、正しい発声のための基礎づくりからはじめましょう。

1、仰向けに寝てお腹に軽く手を置き、ゆっくりと自然に呼吸します。

2、息を吸ったり吐いたりするたびに、お腹が上下しているのがわかります。

これが、「腹式呼吸」です。

はじめはお腹に手をあてて確認しながら感覚を覚え、立っていても、座っていても腹式呼吸ができるようトレーニングしましょう。