高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

脱!のど声

発行日: 2010.04.17  ボイストレーニング

今回は「脱!のど声」ということで、

自由に声を出すための方法をお伝えします!

のどに力が入ると

舌根(舌のつけ根)にも力が入ってしまい、

思うように声が出なくなってしまいます…(涙)

つまり‥

「舌根の力を抜く」

ことが自由に声を出すための秘訣です!

こんな人は舌根に力が入っている場合があります。

・歌うとすぐのどが痛くなる

・発音がはっきりしない

・一生懸命声を出しても大きく聴こえない

・のどをしめたような歌い方になる

ひとつでも当てはまる人は、

舌根をリラックスさせるエクササイズにトライしてみましょう!

1. 舌を思いきり、出したり引っ込めたりします。

舌を出す時は舌の先がとがらないよう、

平らに広く伸ばしてのびのびしている状態にします。

舌の先ではなく、舌根から思いきり出すようにしましょう。

何度も繰り返す事で、舌根がストレッチされます。

2. 鏡を見ながら口を開けて、舌の位置を確認してみましょう。

口の中で、じゅうたんのように平らに広がっているのが確認できたらバッチリ!

舌の先は、下の歯の裏側に触れている感じです。

(舌が細くなっていたり、真ん中がへこんでいたり、折り込んだりしないように注意★)

あくびをするときの状態で何回か口を開けたり閉じたりして、

のど、舌がラク~な感じをつかんで。

3・そして最後に舌の先を上の歯のウラにつけて素早く下ろしながら、

「ラ・ラ・ラ・・」の発音で声を出してみましょう。

この時に首や肩の力をの抜くことが大事です!

みなさ~ん!いかがでしたか~?

難しかったかな~?

ちょっとでもみなさんの助けになれたらうれしいです!!!