高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

歌詞の覚え方

発行日: 2007.07.15  ボイストレーニング

歌ってますか~?(笑)

 

より楽しく、

より気持ち良く歌い、

 

ついでに上手くなれたら良いですよね?

 

皆さんの音楽生活に活きる、

あまりレッスンでは話さないネタを、

ちょこっと紹介します。

 

 

「歌詞を覚える。」

 

得意ですか?

 

もちろん、

歌詞によって様々だとは思いますが、

 

なんとなく苦手だなぁと思っている方は、

次の手順を試してみて下さい。

 

1:歌詞の中の、登場人物を整理しましょう。

少なくとも、一人は登場するはずです。

ラブソングであれば、相手も出てくることでしょう。

みんな。や、友達。など、人数がはっきりしない場合もありますが、

その辺は大体で良いです。

 

2:設定された時間や場所を把握しましょう。

曲の多くは、

Aメロ→Bメロ→Cメロ(サビ)と展開していきますが、

歌詞も、曲の展開と併せて、時間や場所が変化します。

時間は、過去・現在・未来などとわけておきましょう。

 

3:上記1&2を、映画やドラマのように「映像」でイメージしてみましょう。

歌詞(文章)だけを暗記するより、

映像と組み合わせて、関連付けをしながらの方が、グッと記憶効率がアップします。

リアルな映像を描くには、詳細設定が必要なので、

人・場所・時間(時期)などを把握する必要があります。

登場人物を、身近な人に置き換えてみたり、好きな芸能人をイメージしたりすると、

より覚え易いと思います。

 

しかも、感情が入れやすくなりますので、一石二鳥。

 

友人からの評価も上がるかも(?)。