高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

歌(発声)と腹式呼吸の関係

発行日: 2006.06.03  ボイストレーニング

今日は、歌(発声)と腹式呼吸の関係についてのお話です。

「声を出す」という作業は、

息を吸って→声を出す→また息を吸って→繰り返し。

息が吸えて、その吸った息を使って(吐きながら)声帯を振動させる事ができれば、声は出せます。だから歌うこともできます。

しかし、「歌を歌う」という作業は、上の「声を出す」作業に、複数の制約が追加されます。

速さ、高さ、長さ、大きさ等です。

そのため、普通に声を出す以上の、何らかの作業をしなければなりません。

その作業が上手くできると、のどを痛めたりといった悩みを解消する事が出来ます。

そのためには、腹式呼吸が必要です。

腹式呼吸は、横隔膜を下げ、肺を下に広げて息を吸う呼吸です。

この横隔膜が重要です。

声を出す時に使う息の量を、横隔膜を使って調整出来れば、無駄な力みを抑えたり、のどの負担を軽減させたりすることが出来るようになります。

具体的な方法は、別号で登場予定(?)です。

待ちきれない方は、レッスンを受けてね。