高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

声の大きさ

発行日: 2007.08.15  ボイストレーニング

歌ってますか~?

 

 

皆さんの音楽生活に活きる、

あまりレッスンでは話さないネタ。

第二段の今日は、

「声の大きさ」

 

 

曲のほとんどは、

AメロやBメロ、サビなどのブロックで構成されていて、

ブロックごとに、

歌詞の中で、

時間、場所、感情、登場人物などが変わり、

曲では、

コード(和音)やメロディーラインの感じ(音の長さや高さ、和音の明るさなど)、使う楽器などが変化します。

 

歌詞や和音に惑わされ、

つい見落としてしまうのが、

「大きさ」

 

サビが大きい。

サビを大きく。

という話は、何となく知っていたり、

何となく想像がつく話だと思います。

サビの歌詞は、メッセージ性が強く、

かつ、

高目の音を使ったり、

使用楽器が増えたりしますので、

サビが特に印象に残ったり、

サビで音が大きくなったように感じたりする曲が多いと思います。

 

しかし、

 

自分で歌う時には、なかなか意識が出来ない部分でもあります。

 

 

伴奏の大小、または歌詞の内容によって、

声の大小を意識的に変えてみましょう。

 

結構大胆に変えても、

 

案外普通だったりします。

 

ただし、

 

サビを、今まで以上に大きく歌うのはちょっと大変?

 

まずは、

AメロやBメロを、

今までよりも、

大胆に小さくしてみましょう。

 

 

それだけで、サビがより大きく聴こえて、

盛り上がり(盛り上がった感じ)が増すでしょう。

 

 

さらに友人の評価も上がるかも?