高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

声と脳の磨き方(3)

発行日: 2009.10.03  心理

アンドゥーの声と脳の磨き方。

第3回目の脳の法則は「空白の法則」

第1回目の脳の法則覚えてます?

そう。

「快・痛みの法則」

でしたね。 ( ̄ー ̄)

どうして脳は

快を求めて痛みを避けるのか? 

わかります?

それは、カンタンに言うと

“「生きる為」に必要”

だからです。

ということは、

人は安心・安全を求めます。

安心で安全だと感じれば

生きることができる、

と脳は思うのです。

なら、

安心じゃない状態って

脳にとっては、不安ですよね。

その不安から逃れるためにも

「快・痛みの法則」

があるんですが、

では人は、

どんな状態が不安なのか?

 

もちろん細かく言えば

色々あると思いますが、

人が不安になる大きな要素に

「わからない」

ということがあげられます。

たとえば、

相手のことや将来のこと、

始めてやることなど、

人って知らないことや

わからないことに

不安を感じるようになってるんです。

もちろんそれは、

生きるために繋がります。

たとえば食べ物でさえ

知らずに食べると

死んでしまう物もあるし、

「知らない人には付いて行っていけない」

って教えられるのもそう。

最近は知っていても

危険はありますけど・・・

また、人が悩むことだって

わからないから考えて悩むんです。

実はそれが成長に繋がるんですけどね。

この「わからない」も、

ちゃんと良いことにも役立ちます。

好奇心や

考えて想像する能力が養われます。

で、その「わからない」が

「空白」

と言うことなんです。

ということは、

わからない空白を

どう埋めるかってことが大切。

人は間違いなく空白を嫌います。

安全じゃないから。

その空白を

嬉しいことや楽しいこと

ワクワクや期待で埋めたら

空白も楽しめます。

なので、たとえば、

相手や自分に質問したり、

確認する時に空白ができるので、

いい感情がわくように

上手に空白を埋めましょうね。

うれしい質問とか考えるといいですよ。

(* ̄▽ ̄*)/