高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

ピアノについて2

発行日: 2008.02.02  音楽

早速ですが今回は、

続・ピアノについて。

 

★代表的な○○ピアノ

ピアノ、と言っても、

家にあるピアノ、

友人の家にあったピアノ、

音楽室にあったピアノ、

コンサートホールにあったピアノ、

等、色々なピアノがある。ということは知っていると思います。

グランドピアノ。

アップライトピアノ。

スピネットピアノ。

電気ピアノ。

電子ピアノ。

サイレントピアノ。

等、さまざまです。

 

簡単に紹介しましょう。

 

グランドピアノ。

弦が、地面に対して水平に張られていて、コンサートホール等での演奏会によく使われます。

形状は水平型で左右非対称。

占有面積が大きいのも特徴。

特に全長の長いものはコンサートグランドピアノと呼ばれることもあります。

 

アップライトピアノ。

奥行きを小さくすることで、一般家庭など場所の狭い場所にも設置できるよう、

弦が、地面に対して垂直に張られているピアノ。

形状は縦型で左右対称。

 

スピネットピアノ。

アップライトピアノのうち、高さの低いもの。

 

電子ピアノ。

デジタル・ピアノのこと。

ピアノ系の音色に特化した、デジタルシンセサイザーの一種。

一般的には、省スペースのピアノとして捉えられています。

調律作業が不要。

ヘッドフォン端子を使えば、外部に音が漏れません。

(もちろん、コンセントに繋がなければ使えません。)

 

電気ピアノ。

エレクトリック・ピアノのこと。

電子ピアノのように電子回路で音を合成するのではなく、

従来のピアノと同じような仕組みで出した音を、電気的に増幅させます。

つまり、

ハンマーで、弦や金属棒などの音源を叩いて出した音を、アンプによって電気的に増幅させます。

エレキギターと、同じような仕組みです。

(電気ピアノは、多分、今では製造されていません。)

 

サイレントピアノ。

グランドピアノやアップライトピアノのような、

生ピアノ(アコースティックピアノ)に、

消音機能などの機械を搭載したピアノ。

通常のピアノとして使用できるが、

ヘッドフォンを使用すると電子ピアノに切り替わり(ハンマーで叩かなくなり)、

音漏れが起こらない。

 

 

どのピアノが「王様」というわけではなく、

どんなピアノも、それぞれ個性があり、

個性を活かせる使い方がある。ということです。

 

皆さんも、今後、ピアノを購入する機会があれば、

値段だけでなく、

用途や大きさ、重さなども検討したうえで決めて下さい。