高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

ピアノについて

発行日: 2008.01.05  音楽

早速ですが今回は、

ピアノについて。

 

ピアノは俗に、「楽器の王様」と呼ばれています。

特徴として、

A・音域や音量の幅広さが際立つ。

B・独奏だけでなく、歌声や弦楽器とのアンサンブルやオーケストラとの協演も得意である。

C・構造が複雑な為、メンテナンスをする職業が独立している。

D・本体が大きい為、演奏者が自分で楽器を持ち歩けない。

こんなところが、「王様」と呼ばれる所以ではないでしょうか。

 

★大雑把な歴史

1700年代のイタリアで、

「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」

という楽器が発表されました。

この、「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」が、

今のピアノに相当する楽器だと言われています。

大きな音は出せるが、強弱がつけ難いチェンバロと、

強弱はつけられるが、音量が非常に小さいクラヴィコードという、

2種類の鍵盤楽器を合体させて誕生したのが、

「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」(しかし長いな・・・)

だそうです。

 

★今のピアノ

イタリア語及び英語では、

ピアノ(piano)、またはピアノフォルテ(pianoforte)

と呼ばれ、

楽譜には、

「Pianoforte」または「fortepiano」、

略して「Piano」や「pf」と表記されます。

 

★大雑把な仕組み

白や黒の鍵盤を押すと、内部に設置されたハンマーが弦を打ち、音が出ます。

基本的に鍵盤楽器ですが、

「有鍵打弦楽器」

という分類になります。

鍵盤の数は、標準で88鍵。

但し、内部の弦の数は、

音階によって一本だったり三本だったりするので、

合計は200本を超えます。

 

今日はこの辺で。