高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

カラオケでと音のボリューム

発行日: 2008.07.16  ボイストレーニング

こんにちは☆フクダです。

今回から歌を今よりもちょっぴり上手に歌うための小ネタについて書いていきますので、お付き合いよろしくお願いします!

今日は「カラオケの音のボリュームを上げる」ことをオススメします。

よく、カラオケに行って歌うと、バックの演奏が聴こえなくなるほど自分のマイクの音量を上げて、しかもエコーを効かせまくりにする方には効果抜群かもしれません。

バックの演奏がよく聴こえていないということは、ただ自分勝手に気持ちよく歌っているということになりかねません。

それでは、リズムもへったくれもなくなってしまうのですね。

自分の声に酔っているだけでは、歌は上手くなりません。

こういう場合は、バックのカラオケの音量を上げて、しっかりとカラオケのリズムを聴きましょう。

レッスンでは、よく次のようなことを生徒さんに伝えたりします。

「音楽はアンサンブル(合奏すること)です。カラオケの演奏と自分の歌で、ステキなアンサンブルを作ろう!」

アンサンブルでは、他の演奏パートを客観的に聴くことが大切です。

たとえ、バックの演奏が打ち込みの機械の演奏でも、そこに歌が乗っかることによって音楽になるのです。

つまり上達のコツは、「客観的に聴くこと」が大切なのです!