高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

びっくりした顔になる

発行日: 2008.03.15  ボイストレーニング

アンドゥーの、声出したい人専用「即効ボイストレーニング」( ̄ー ̄)ニヤリッ

このコーナーは、「声が小さい」「高音出したい」「大きい声を出したい」など、とにかく声をしっかり出したい人専用です。

 

今日は、

「即効ボイストレーニング」第3回。

◎「びっくりした顔になる」

あなたは、表情筋が声に影響していることを知っていますか?

「表情筋」とは、顔全体の筋肉のことです。

顔の表情を変えるときに使う筋肉達です。

「悲しいとき」や「うれしいとき」「びっくりしたとき」など、感情によって声って変わりますよね。

そのとき、顔の表情も変わってます。

悲しい時の顔は、下向きになり目元や口など、顔全体が下に下がる感じになります。

そして、低い小さい声が出ます。

うれしい時は口元はあがり、目元は丸く下がる感じ。声は明るく高い感じ。

では、びっくりしたときは、どうでしょう?

きっと眉毛があがり、目は大きく開いて口も開きますね。

その時の声って大きくないですか?

ですよね~。( ̄ー ̄)ニヤリッ

びっくりしたときは勝手に声は大きくなるのです。

これは表情筋も関係していて、眉が上がると声は高く出やすいのです。

◎「びっくりした顔になる」

意識して使いましょう(* ̄▽ ̄*)ノ"