高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

なぜ「サビ」?

発行日: 2008.05.01  音楽

今日の話は、

サビ。

 

この曲は、サビのメロが良いんだ。

サビの手前から盛り上がってくる。

などなど、

歌モノの音楽では、当たり前のように使われる、

 

「サビ」

 

サビって、何のこと?

 

曲のさわり、ブリッジ(Bridge)などとも呼ばれますが、

主に曲の中で1番盛り上がる部分のこと。

曲によっては、

サビから始まる曲も多く、サビ中心というインパクトを受けることもあります。

着メロは、主にサビ部分から演奏される事が多いですね。(たぶん・・・)

 

現在の曲は、

サビは、曲の(節の)終わりの方に設けられることが多いのですが、

いわゆる懐メロには、節の中ほどにサビがある曲も多く、

このような節の中ほどにある形から、

節の終わりにあるようになった時期は、

1975年から1976年にかけて。

ここ30年くらいの話です。

それ以前も節の終わりにあるような曲はあったけれど、

この時期を境に急激に節の終わりにある曲がほとんどを占め、

現在までこの傾向は変わっていません。

 

この「サビ」という名の由来ですが、

 

「ワサビ」が語源だと言う説があるのです。

 

が、

 

 

次回にでも。