高音の発声をスムーズにするトレーニングや、
リズムの取り方、声と脳との関係など、
アイズが発行しているメールマガジンの記事を、
分類別に整理して、使いやすくまとめました。
ドンドン活用してくださいね!

お名前  E-mail  

「通る声」とは

発行日: 2007.11.15  ボイストレーニング

歌ってますか~?

 

 

皆さんの音楽生活に活きる、

あまりレッスンでは話さないネタ。

 

今回は、

前回の予告(?)通り、

 

「通る声」

 

通る声とは、

どんな声でしょうか?

 

「通る声」は「よく響く声」とも言えます。

よく響く、とは、

声帯が適度に緊張し、安定して振動する状態です。

安定した振動を保つには、

呼気(吐く息)のスピードがあること。

つまり、声帯を通る息の速さが必要です。

声帯が良い状態で振動することが、声がよく通る為の条件の1つです。

 

それから、

呼気が、集まって真っ直ぐ出ること。

例えば、

マイクは中心部分で音を拾いますが、

その中心に、真っ直ぐ、しっかり当たる声が、

マイクに乗る声です。

通る声は、マイクに乗ります。

 

声が大きくても、

通る声とは限りません。

声が大きくても、

呼気が集まっていなければ、

マイク全体に息が当たる感じになってしまい、

結果、

声が、無駄に大きいだけ。

ということになってしまいます。

これは結局、

マイクを使っても使わなくても同じこと。

 

「大きい声が出る」ことは確かに魅力です。

その魅力を最大限に活かしつつ、

効率よく使ってあげることで、

より一層の表現力が生まれますよね。

 

※逆に、

声は小さくても、マイク乗りは良い。

という人もいますが、

せっかくの通る声も、聞こえないと意味がありませんので、

声が小さい方は、大きくも出せるようになって頂きたいものです。

 

 

声の大本は、呼吸と声帯振動です。

吐く息を使って声帯を振動させることが、発声のスタートです。

 

まずは、呼吸のトレーニング(腹式呼吸・支えなど)をしっかり身に付けておくことをお奨めします。

 

実践派の方は、

 

レッスンでやりましょう。